Smooth Jam

Contemporary R&B Reviews – R&B,Soulの新旧アルバム紹介。私的な感情を投射しながらwつらつらと綴ります。

Michael Clayton / Michael Clayton

f:id:smoothjam:20191027174254j:plain

1988年デトロイトでデビューしたMichael Clayton。このひとの情報はほぼなく謎のシンガー。スウィートソウルで巷のソウルマニアには定番グループ Living Proofが在籍するG.E.M.C. Recordsに所属。お、と気づくかともいらっしゃるかもしれませんがその当時インディソウルのレーベルといえば漢字で「一番」と書かれたロゴでおなじみのIchiban Recordsのサブレーベルであります。

1990年、唯一作のMIchael Clayton。よくわからぬ背景、虹と滝をバックに横たわる流し目のあんちゃん、これただもんではないというオーラ全開だったのでおそろおそる買ってみたLPだった。

内容はどってことなかったのだが笑、地声なのか終始ファルセットで甘い歌声。突き抜けたファルセットではないのでThe StylisticsのRussellThompkins,Jrのようなシンガーか。ソロよりもグループで冴えそうなひとだ。

Diane Mathisという女性シンガーとのデュエットナンバー"Friends And Lovers"は仰々しくサックスがフューチャーされたいかにものブラコンナンバー。"Driftin' On A Dream"はインディならではのチープなサウンドと、やるせないファルセットに甘茶ソウルが好きな方にはストライクゾーンかと思われます。インディ特有のマイナー感がお好きな方には酒のお供になりますでしょう。見つかれば激安かと思いますのでお見逃しなく。

 

Phil Fearon & Galaxy / Dancing Tight

f:id:smoothjam:20191022195028j:plain

その昔、大阪北浜にあったbar Smoochyにて店主と「お手玉のジャケのやつええで」と会話があった。ジャケ見たままの印象しかなく、アーティスト名を覚えることができなかったPhil Fearon & Galaxy - Dancing Tight。

俺は80年代に流行ったと言われる「ファンカラティーナ」を知らないがその路線とUKファンクの間をいく、一聴してUSのファンクとは別次元のファンクがこのアルバムにあった。


俺はまず”I Can Prove It”の12インチシングルを買ったのがこいつとの出会いだった。

 

 

女性のおみ足をチラ見するジャケが印象的で、それがまさに80’sなのでジャケ買い。その後、どうしても「お手玉のジャケ」が欲しくなり、レコ堀したのであった。

東京に来て某レコ屋にて探し当てたが、これはソウルというジャンルに置いてなく、ダンス12インチとかで埋もれていたと思う。店によってはこいつは扱いづらいものなのかもしれんw

買ってからわかったのだが、「玉」は玉ではなく惑星をお手玉していたのだ。すげw

I Can Prove Itは入ってないが、絶妙なゆるゆるダンサー"Dancin Tight"で聴いてハッピーになれる。そしてラテン風味いっぱいの"What Do I Do (Carnival Mix)が陽気でいい。ウィスパーズのダンサーのような"Head Over Heels"ものれる。ただアホみたいに明るくダンスばかりしているだけでなく、しっとりとしたスロウもちゃんと3曲ほどあり、スウィートソウル然した"Still Thinking Of You"なんぞ酒のつまみにめっちゃ合う。

I Can Prove Itの12inchも含めて部屋に飾ると妙に様になるLP。80年代は宇宙がテーマのひとつでしたね。

 

Crystal Winds / First Flight

f:id:smoothjam:20191012184934j:plain

 

80年代のブラコン、ファンクの時代は膨大なリリース量過ぎて、正直すべて追いかけれません。このCrystal Winds「クリスタル・ウインズ」なんていうグループはガイド本に取り上げらてなかったと思うし、足繁く通ったソウルバーでも聴いたことがなかった。

たまたまAORを主にレヴューされているサイトを拝見して、ブラックなのにAOR?と不思議に思いYouTubeでチェックしてみたら、なんとまあ自分の好みの音だったので急いでディスクユニオンに買いにいったのでした。やはり昔と違ってネット環境はありがたい。情報では原盤はレアらしいのでそれを追いかける資金も時間もないのでCDで。

シカゴのグループでMorris Cortez BrownとPaul Colemanのふたりが中心。82年リリースのFirst Flight 「ファーストフライト」。AORのサイトで取り上げられる・・・曰くアーバンな雰囲気が漂い、しかもスウィート・アンド・メロウ。

まずは1曲めが最高。"So Sad”という男女の会話から始まるこのナンバー、スウィートソウルの定石を冒頭から演じ、ファルセットを駆使しながら歌い上げ、しかもコーラスもありと完璧なナンバー。この1曲だけでもこのアルバムの価値は高い。

続く2曲め"Love Ain't Easy"のグルーヴィンなミッド・ファンクにもノックアウトされた。スラップベースがウネり、爽やかなボーカルと快活なホーンが心踊らせる 。まるでFuture Flight フューチャーフライトのようなナンバーではないか。他にも同様にミッド・ファンク"Lover's Holiday"も聴きどころ。

Morris Cortez Brownは蛇女で有名な笑 ZingaのGet Wet (Make Sweat)をライティングしている。